弁護士に依頼して交通事故の損害賠償額を増額する方法

###Site Name###

交通事故被害に遭った場合、多くのケースでは加害者と直接交渉を行わずに損害賠償や慰謝料を受け取るために加害者の加入していた保険会社と交渉することになります。


当然のことながら事故で何らかの損害を被ったのであれば、被害者は被害額の全てを加害者側から受け取る権利があります。

ところが、必ずしも被害額の全てを保険会社が支払ってくれるとは限りません。

交通事故の損害賠償額の算定に用いられる基準や計算方法は様々で、自賠責保険で定められている基準(自賠責基準)や裁判所が定めた基準(裁判所基準)などがありますが、どの基準を採用するかによって算定される損害賠償額に大きな差が生じることがあり、保険会社の側が提示する賠償額とは自賠責基準の少ない金額です。

もしも交通事故に遭った被害者が損害賠償の増額を保険会社と直接交渉したとしても受け付けてもらえないケースがほとんどで、被害者個人が損害賠償額を適正な金額に増額してもらうためには民事訴訟を起こすしかありません。

交通事故の被害者になった際に、弁護士に損害賠償の交渉を依頼することで金額を大幅に増額してもらえる場合があります。

東京新聞情報を選ぶ時のポイントを紹介いたします。

交通事故被害の交渉を専門とする弁護士は事故時の状況から加害者の責任割合を再計算したり、賠償額が高額になる裁判所基準で算定し直してから保険会社と交渉します。

場合によっては裁判になることがありますが、専門知識を持った弁護士が対応すれば被害者の主張が認められるケースがほとんどです。



事故で被害に遭った時も弁護士に交渉を依頼することで損害賠償の金額を大幅に増額してもらえることがあるのです。

こちらの交通事故の慰謝料の有益情報を見つけよう。