交通事故の慰謝料は弁護士の基準で算出するべき

###Site Name###

交通事故の被害者となった場合には、加害者に対して損害賠償の請求を行います。

損害賠償には、治療費全額や慰謝料(傷害慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料など)が含まれていますが、治療費は実費であり、保険会社から医療機関に直接支払われます。


よって被害者が手にすることが出来るのは慰謝料となります。

この慰謝料、ほとんどが加害者が加入している保険会社により算出されますが、この金額をそのまま鵜呑みにして、和解してしまうと大きな損をしてしまうことになります。

どんな人にもlivedoorニュースに関するお役立ち情報コーナーです。

というのは、この保険会社が算出してくる交通事故に関する慰謝料は、最も低い相場である自賠責保険の基準をもとに算出してくるからです。



自賠責保険は交通事故の被害者に対して最低限度の補償を行うのみのものです。

この自賠責保険基準の算出方法を基にして、任意保険会社は慰謝料を算出してきますが、実は算出方法は自賠責保険基準のものだけではありません。『弁護士基準』の計算方法というのがあるのです。この弁護士基準の計算方法は、これまでの裁判例などを参考にしたものであり、弁護士が裁判において使用する計算方法です。



この計算方法を使用しますと、自賠責基準の計算方法で算出するよりも倍以上の金額が算出されることになります。
つまり、被害者側にとっては非常に得になる結果が出てくるのです。基本的にはどちらの計算方法を使用するかは、当事者同士の合意によりますので、慰謝料算出の話が保険会社から出てきた場合には、この弁護士基準での算出を要求していくことが重要となります。