交通事故は弁護士に相談する方法もあります

###Site Name###

自動車を運転する場合には、自賠責保険は加入が義務付けられています。
未加入の場合は厳しい罰則があって、罰金や行政処分を受けます。



しかしながら最低限の補償金額しかなく、高額となりがちな交通事故の補償のためにはどうしても不足してしまいます。

そのために、加害者となった場合の追加の補償として、任意で損害保険会社の自動車保険に加入するのが一般的です。

マイナビニュースのクチコミ情報を求めています。

被害者となった場合には、過失割合によって双方が加入している自動車保険会社の間で示談交渉が行われ、実際の損害分や慰謝料、後遺障害費用などが支払われます。



この金額は個人には相場がわかりにくいものになりますので、このような方法で手続きをする人が多いのが現状ですが、それぞれの保険には基準があって、十分な支払いがされないこともあります。

一方、交通事故を弁護士に依頼した場合ですが、手数料や手続きの問題はありますが、3つの中で最も算定基準が高い「弁護士基準」によって算出されます。
これは、過去の裁判の判例などを元に算出される支払い基準額になりますので、圧倒的に補償金額が違っていて、自賠責や任意保険の数倍になることもあります。

後遺障害の1級では、自賠責保険での基準額は1100万円になりますが、弁護士基準であれば2800万円になります。

通常は総額で3倍ほどの基準額になりますが、場合によっては10倍近い補償金額が算定されることもあります。

自動車保険の特約として「弁護士特約」があって、費用を負担してくれますので、加入時に付加しておけば、交通事故に合ったときの心強い助けとなります。