10:0の交通事故は弁護士に任せるべき

###Site Name###

交通事故で弁護士に依頼をすると聞くと、多くの人は自分に明らかな非があって相手から訴えられそうになっているような事故が連想するものです。

確かにそうした訴訟を受けるリスクがある場合は弁護士に依頼をするべきなのですが、実は「自分が絶対に訴訟を受けない」という10:0の交通事故でも弁護士に依頼を出した方が良いのです。



これはどうしてかというと、重要なのは「自分に非がない」という部分です。
交通事故では法律的に、加害者と被害者は互いに相手に対して賠償する責任を負うと規定されています。
例えばAさんの車が信号で停止しているところにBさんの車が衝突した場合、BさんがAさんに対して賠償するのはもちろんのこと、AさんもBさんに対して賠償をしなくてはならないのです。

そうした交渉は通常ですと保険会社が行うのですが、保険会社は法律上の代理人になる権利を持ちません。それでも保険会社が交渉をできるというのは「契約者が被害者だが法律上では被害者となった契約者も加害者側に対して賠償をしなくてはならない、そしてその賠償は保険会社が担うものだから保険会社も交通事故の被害者である」という法の抜け道があるからです。



しかし10:0だと保険会社は一切賠償することがないため被害者とは言えず、交通事故の交渉には参加できなくなってしまうのです。
そのため10:0で自分が被害者の場合、交渉は自分で行うか弁護士に任せるしかないわけです。自分で交渉をすると本来支払われるべき賠償金を得ることができなくなってしまうこともありますので、もしこうした事故に遭ってしまった場合には弁護士に依頼をするようにしましょう。

OKWaveついて詳しく説明しているサイトです。