交通事故の際に弁護士に依頼で慰謝料up

###Site Name###

交通事故はいつどこで起きるか分かりません。
突然の出来事に慌ててしまう人も多いと思います。
自分が巻き込まれて怪我を負ってしまった場合、“慰謝料”の金額などで納得できるように、タイミングをみて弁護士に依頼をお願いするとスムーズに解決出来ることがあります。

まず交通事故をどのように解決するのか、ご説明いたします。

産経ニュースの情報ならこちらにお任せ下さい。

事故には“物損事故”と“人身事故”に分けられるのですが、“物損事故”では慰謝料を請求することができません。

初めに警察に“人身事故”としてしっかりと届け出を出し、実況見分に移れるようにします。
その後、必ず病院に行き、診察してもらいましょう。


驚きのあまり痛みを忘れてしまったり、自覚症状が無い場合でも身体に影響が出ていることがあります。



特に頭を打った場合は、脳出血の可能性もありますので、健康保険証を持参の元、病院で確認すべきです。



弁護士に相談するタイミングとして、この病院に通院する時期がベストです。

病状が決まってしまってからの治療費は請求できなくなる場合がありますので、適切な診断書の元、示談・交渉を進めることが重要となります。

他に、交通事故の際に弁護士に相談するメリットとしては、慰謝料が最も高く設定される「弁護士基準」に基づいて保険会社と交渉を行うため、慰謝料がupする可能性をもつことです。

相談せずに交渉を進めた場合、保険会社独自の基準に基づいて支払われる為、被害者側が納得できる金額を貰えないこともあります。弁護士基準では裁判の事例に基づいて算出されるので、後遺症として認定されたときに5~10倍増額されたケースもあります。納得・安心の事故解決に向けて、落ち着いて相談することをお勧めします。