交通事故で弁護士が必要になる場合

###Site Name###

交通事故で弁護士が必要になるのは、多くの場合で被害者となった場合です。

被害を受けた側なのに、なぜ弁護士が必要になるのかというと、被害者になった場合は自動車保険に特約でもつけていない限り、自分で相手方の保険会社の担当者と交渉しなければいけないからです。

法律や保険に詳しい人ならば問題ありませんが、一般の素人では知識と経験が豊富なプロフェッショナルに立ち向かうことは不可能です。
あれやこれやと交渉しているうちに、納得のいかない決着を迫られる可能性が高くなります。

特にむち打ちなどあとで重大な影響がでてくるような症状は、きちんと対処しておかないと悔やんでも悔やみきれない結果を招きかねません。
そこで交通事故の被害を受けて、相手方の保険会社の対応に納得がいかない場合は弁護士の力が必要になるのです。ただし全てのケースで弁護士に依頼したほうがメリットがあるわけではありません。交通事故の被害状況によっては、弁護士に依頼して交渉してもらった結果得られることになった利益よりも、支払わなければいけない費用のほうが高くなってしまう可能性もあります。



また法律事務所によっては、小さな案件では依頼を引き受けてもらえないこともあります。



事前に無料の相談を受け付けている法律事務所も存在しますので、まずはそちらを利用して依頼したほうがいいかどうかを相談してみましょう。



自治体が開催している法律の無料相談会を利用するのも一つの方法です。