弁護士に依頼すると交通事故の賠償金が増える

###Site Name###

交通事故ではほとんどの場合被害者に対して賠償金が支払われることになります。


おおよその場合は保険会社との交渉で賠償金が決まってくるのですが、実は弁護士に依頼するとこの交通事故の賠償金の額が大きく増えることが多いのです。


ではどうしてこうなるのかというと、これは弁護士が交通事故の賠償金を算定する際に「裁判所基準」と呼ばれる基準を適用させているからです。

まず保険会社が設定した賠償金の額ですが、これは当然保険会社にとって支払える程度の額となっています。

万が一賠償金を支払うことになったとしても会社運営に支障をきたさない程度の額ですから、やはりそれなりに低い水準になってしまうのです。

ジョルダンニュース!に関する情報選びにちょうど良い情報をご用意いたしました。

しかし弁護士が使う裁判所基準は過去に発生した交通事故の裁判が蓄積してきた賠償命令のデータをもとにしています。



そのデータは「この被害があるならばこれだけの賠償をするべき」という被害者救済第一の基準で算定がされてきました。

そのため弁護士に依頼して裁判所基準を適用させると、任意保険会社の考えに左右されないより高額な賠償金請求が出来るようになるのです。

もちろんそもそもの賠償金の額が少ないような事故であればわざわざ裁判所基準を使うほどでもありません。
ですが賠償金の額が数十万円以上の額になってくるのであれば、弁護士に依頼して裁判所基準を適用させた賠償金の額の算定を目指すべきです。
賠償金は被害者が被った損失を回復させるために必要不可欠なものですから、後悔しないよう出来ることは全て行っておくようにしましょう。